PROCESS

設計業務の流れについて

  • 設計契約前

    1/8
  • プレゼンテーション
    まず、お会いして御要望をお聞きします。
    これを基にプレゼンテーションをいたします。
    (基本プラン、パース等によるご提案で2週間ほどかかります)
    初回は無料ですが、その後のご提案は1回につき3万円いただきます。
    (設計契約に至った場合は設計料より差し引きます)
    土地選定におけるアドバイス
    建築を設計する上で、敷地条件は最も重要な要素です。
    土地を選定するにあたって建築家のアドバイスがあればより納得した上でより良い決断ができると思います。
    利便性や環境なども大切ですが、では実際にどの様な建物がたてられるのか?
    将来周辺環境がどう変化する可能性を含んでいるのか?
    土地の長所、短所がその後の計画にどの様に影響するのか? 等々実際の計画を睨んでのアドバイスをいたします。ぜひ御相談ください。
  • 設計監理契約

    2/8
  • プレゼンテーションを経て設計監理契約を結んでいただきます。
    新築住宅の場合の設計監理料は原則、工事費の10%を基本にして以下の様に設定しております。
    工事費×設計料率=設計監理料

    工事費

    1,000~2,000万円

    2,000万円以上

    設計料率

    15%

    10%

  • 基本設計

    3/8
  • 設計契約後、基本設計業務に入ります。
    プレゼンテーション時のプランは大まかにボリュームや予算を把握するためのあくまで『たたきだい』ですのでお客様の細かい御要望が反映されたものではありません。
    私どもの提案をもとに施主が納得できるまでプランやデザインを検討できる場が基本設計です。
    ほぼ、週1回のペースでお客様との打合せを繰返し、プランを中心に練り上げ、最良案を共同で見つけ出していきます。
    通常2~3ヶ月ほどかかります。
  • 実施設計

    4/8
  • 基本設計で決められた内容をより細かく検討して図面化します。
    建物の仕様等(電気、設備、仕上げ等)細かい部分で打合せいただくことになります。
  • 確認申請

    5/8
  • 実施設計と平行して進めます。 一般的な計画であれば1ヶ月ほどです。
  • 見積り

    6/8
  • 実施設計に基づき工事会社数社より見積りをとります。 各社の見積りを比較検討し調整を行います。 結果、施主と相談し工事会社を決定します。 細かい仕様に基づいた見積をもとに工事契約を結べるのでより安心です。
  • 工事

    7/8
  • いよいよ工事にはいります。 工事監理は施主のご要望を反映した設計内容を現場に正確に伝える極めて重要な作業になりますので設計業務とは切り離せないものです。 原則、週1回の現場打合せを行いながら工事を進めますが必要に応じて回数を増やします。 お客様には、適宜進捗状況を報告します。 また、必要に応じて打合せをお願いしております。
  • 竣工

    8/8
  • 完成後、各検査の後お引き渡しになります。 竣工後も年次検査をはじめ、施工業者と協力し誠意をもってアフターケアにあたっております。